ヘルプ
  • 完結

サスケ (10)

作家/出演者
シリーズ
かつて日本中の少年たちを熱狂させた、「サスケ」が電子版で登場!!

▼鬼車(四)〜(六)▼なぞの人▼夢(一)〜(二)▼横目▼忍びの血▼秘術▼百法▼オムツの風▼割腹▼タタリ(一)〜(三)▼水▼新奉行(一)〜(二)▼山彦くずし▼変わり身▼直訴(一)〜(二)▼雲寄せ▼迷い葉▼一揆(一)〜(三) ●登場人物/サスケ(猿飛の術を使う少年忍者)、小猿(サスケの弟) ●あらすじ/領主の圧政に苦しむ農村を訪れたサスケは、毎晩「鬼車」に化け、領主が農民から搾取した金塊を取り返していた。ある日、金塊の隠し場所に現われたサスケは、村の庄屋である儀兵衛という人物に出会う。儀兵衛は凶作に悩む村人のために開墾作業を続けており、村人から尊敬されていた。やがて、儀兵衛の考え方に共感したサスケは、農村の開墾作業を手伝い始める(横目)。▼庄屋・儀兵衛の指導のもと、やっと出来上がった用水の権利を、銭屋という悪徳商人に押さえられた農民たちは、村の窮乏を領主に訴える。だが、領主は農民の声には全く耳を傾けず、怒った農民たちはついに一揆を起こす。そして、村中が混乱する中、サスケは小猿を見失ってしまう…(一揆)。
価格
605円
[参考価格] 紙書籍581円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/01/26 00:00
紙書籍販売日
1996/04/30
ページ数
329ページ
掲載誌・レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
87.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家