お知らせヘルプ

はないちもんめ 冬の人魚

年が明けて文政六年、北紺屋町の料理屋‘はないちもんめ’で「怪談噺の会」が催された。爽やかな二枚目で弁も立つ戯作者による季節外れの人魚の怪談は、店の大女将お紋、美人女将お市、見習い娘お花が供する温かな料理の甲斐もあって盛況のうちに終わる。しかし数日後、両国で揚がった心中と思しき男女の水死体には右腕がなく、件の怪談を彷彿させた……。 女三代がかしましく事件を解決するシリーズ第三弾!
価格
759円
[参考価格] 紙書籍759円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2019/04/19 00:00
紙書籍販売日
2019/02/13
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.78MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品

  7巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。