サイト内検索

特異点を超えて

作家/出演者
シリーズ
  • 特異点を超えて
山野祐介は、将棋の天才少年で高校1年生、現在はプロ棋士志望の奨励会員(プロ棋士の卵)だ。現在、三段リーグに在籍している。
祐介は、小学生名人として、将来の大器と期待されながら奨励会に入会し、その後も三段リーグまで順調に昇段していたのだが、2期連続で負け越してしまい、四段(プロ棋士)を目前に足踏みをしていた。
そんな折、第3回電王戦でプロ棋士がコンピューターの将棋ソフトに完敗したのを見てショックを受ける。
プロ棋士になるべく努力をしても、手ごたえが感じられない自分。その「プロ棋士」が、コンピューターよりも弱いかもしれないという事実。
自分がコンピューターを追いかけることになるのだとしたら、そこに意味はあるのか――。
悩める少年の葛藤を描いた正統派青春小説!

【登場人物】
山野祐介…高校1年。奨励会員で三段リーグに在籍。
山野美咲…祐介の姉。現在大学1年生。生命科学を専攻。
井原大樹…祐介の親友。数学オリンピックでメダルを取った天才。
石森…祐介の師匠。プロ八段でA級に所属したこともある。
小島…祐介の兄弟子。プロ六段。

※この作品はフィクションであり、実在したあるいは現存する人物・団体・国・機関などとは一切関係ありません。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/10/04 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.36MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家