サイト内検索

  • 完結

ケイの凄春 8

晴れて冤罪が解け、かすかな手がかりをたよりに再び旅に出た刑一郎。だが、可憐の消息は信濃路で途絶えてしまっていた。夏が去り、秋が行き、そして寒い冬の到来。ただひたすら可憐を追い続けるケイだが、果たして春が訪れるのはいつの日か……。小池一夫・小島剛夕の巨匠コンビによる劇画界最高の力作!!
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2013/01/27 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
260ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
73.70MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家