サイト内検索

  • 完結

弐十手物語 63

勘定奉行・鳥居とともに悪事を重ねていた生野代官・浜井を倒した鶴次郎は、一揆が起こったという岩見沢に急行する。しかし、もはや農民たちの怒りはおさまらず、鶴次郎は岩見沢代官・柴山にこれまでの悪行を告白させ、農民たちに許しを乞う。
読める期間で選ぶ
432円
216円
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/10/27 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
224ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
86.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家