サイト内検索

  • 完結

弐十手物語 103

朝顔の鉢に阿片を忍ばせて、城中に運び入れていた成田屋。阿片はすでに大奥に蔓延し、将軍までも使用している可能性が出てきた。探索の糸を切ろうと、同心・花井戸嘉門(かいどかもん)と浪人の平賀が成田屋を皆殺しにして火を放つが…!?
読める期間で選ぶ
432円
216円
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/11/24 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
228ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
101.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家