サイト内検索

  • 紙書籍同時

アメリカ帝国衰亡論・序説

作家/出演者
シリーズ
  • アメリカ帝国衰亡論・序説
移民排斥、孤立主義、日本企業批判、新たなる戦争……

トランプの絶叫は、大国の断末魔の悲鳴である。
今こそ日本はこの災いを転じて福となせ。

名著『大英帝国衰亡史』の著者が予言する

これが覇権大国「終わりの始まり」のシナリオだ。
アメリカが自滅するとき、日本はどうすれはいいのだろうか。
名著『大英帝国衰亡史』の著者が予言する、
トランプ・アメリカの「終わりの始まり」とは?

もくじ

プロローグ――覇権国・アメリカの「終わりの始まり」

【衰亡のシナリオ1】 北朝鮮危機に隠されたトランプ・アメリカの「悪あがき」

【衰亡のシナリオ2】 トランプで加速するアメリカ自滅の「三つの大罪」

【衰亡のシナリオ3】 トランプの孤立主義は建国の理念を裏切る

【衰亡のシナリオ4】 アメリカに潜む階層・差別の矛盾を露呈するトランプ

【衰亡のシナリオ5】 失敗した「アメリカ化」とアメリカ・ファーストの行方

【衰亡のシナリオ6】 ‘グレイト宣言’はもはやグレイトたり得ないアメリカの窮状

【衰亡のシナリオ7】 「パクス・トランピアーナ」の虚妄

【衰亡のシナリオ8】 中ロの圧力に屈し、英とともに「離脱」に向かう罠

エピローグ――アメリカ衰亡の時代に備え、日本の生きる道を考えておくこと
価格
950円
[参考価格] 紙書籍1,188円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
9pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/08/02 00:00
紙書籍販売日
2017/08/02
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.53MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家