サイト内検索

  • 完結
  • 殿堂入り

四月は君の嘘 3

君は、この曲をどう弾きたい?元天才少年、コンクールの舞台へ――「ピアノのコンクールに出て」。宮園(みやぞお)かをりの後押しを受け、有馬公生(ありま・こうせい)はコンクールへの出場を決意する。しかし、母に言われるがまま弾き続けていた少年は大きな壁にぶつかる。ショパンやバッハをどのように、そして誰のために弾けばいいのか……公生は苦しみを乗り越え、音楽を奏でられるのか!?
価格
453円
[参考価格] 紙書籍463円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/12/07 09:50
紙書籍販売日
2012/05/31
ページ数
202ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
28.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

スタッフからのコメント

母の死を機にピアノが弾けなくなった元・天才少年、有馬公生。ある日、幼なじみに紹介された少女・宮園かをりは明るくて活発で正反対の性格だが、彼女はなんと美しい音を奏でるヴァイオリニストだった。
かをりの藤和コンクールの二次予選の伴奏者としてピアノ演奏を引き受けた公生は素晴らしい演奏を披露し大喝采を浴びる。そして、かをりにお願いされてコンクールに出ることに…。少年は苦しみもがきながらも母の死を境に遠ざけていたピアノと再び向き合い始める。そしていよいよやってきた毎報コンクール…。果たして少年は音楽の世界に復帰を遂げることができるのか?
…全文表示