ヘルプ
  • 完結

明治緋色綺譚 (8)

遠峰(とおみね)による侵食が進む――。再び津軽(つがる)と離れてしまった鈴(すず)。一方、春時(はるとき)は鈴を欧州へ向かわせるため佐之次(さのじ)に鈴を託す。だが、その行動が遠峰の興味を鈴へと向かせることとなり――? 緊迫する状況の中、鈴の恋心が大きく動き出す! 鈴の告白に津軽は――!!
価格
462円
[参考価格] 紙書籍471円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2014/04/01 09:40
紙書籍販売日
2013/07/11
ページ数
169ページ
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
68.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家