お知らせヘルプ
  • 30%OFF

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談

たっぷり雪が積もった小学校の校庭に、一夜にして全長1メートルものミステリーサークルが現れた。雪の妖精あるいは蝶の標本のような輪郭はくっきりと美しく、内側にも外側にも足跡などはいっさい残っていない。だが、雪が溶けたとき、その中央には他殺死体があった!薬屋でもあり○×△□でもある美男探偵トリオが、初めての難事件に挑む!
SALE 5月26日(木) 23:59まで
通常価格 733円
30%OFF価格
512円
[参考価格] 紙書籍733円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2015/08/04 10:00
紙書籍販売日
2005/05/31
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.23MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家