サイト内検索

虚構推理 4

「鋼人七瀬(こうじんななせ)は虚構である」という合理的な虚構を構築するため、警察など、人からの情報だけでなく、’幽霊による証言’まで取り入れていく琴子(ことこ)。しかし、鋼人七瀬による殺人事件が起きてしまったことにより、まとめサイトは「鋼人七瀬は実在する」という流れが加速していってしまう――
価格
432円
[参考価格] 紙書籍463円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/08/17 00:00
紙書籍販売日
2016/08/14
ページ数
177ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
31.60MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   7巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

スタッフからのコメント

琴子は“鋼人七瀬”は「虚構」であると断言する。最初はただの作り話であっても、名前と形を得た虚構は何千、何万、何十万という人間の頭の中に根付き回ることによって少しずつ血肉が与えられ実体を得てしまったものであった...。

そんな時に紗季の上司である寺田徳之巡査部長が何者かによって正面から撲殺される…。争った跡も抵抗した跡も犯人の痕跡も何も無い…。やはり、これは“鋼人七瀬”による仕業か―――

“鋼人七瀬”の噂が広まり出した時から亡霊の存在を支持し、発展させる流れが優遇されてきた…。
そして、ネットニュースが流れてすぐに「ついに鋼人七瀬が殺人を犯した」という話題がネット上で飛び交った…。テレビも七瀬かりんの死と関連付けて語るものも出てきて、一気に書き込み量も何倍にも増え、全国区で騒がれるレベルに。そして、“鋼人七瀬”の噂が話題になることによって、“鋼人七瀬の凶暴性が一気に増す―――
実際に殺人を犯したことで今噂の中の鋼人七瀬は狙った相手を殺すまえ追い詰める凶悪なものに姿を変えている――。妄想はより過激な方向に膨らみ、怪物は急激に膨らむ。
このままだと、新たな犠牲者が出てしまう――――!?!?


「妖怪」に「推理」に「恋愛」要素のある異色漫画!こんな漫画今まで読んだことがない…!!
読み進めば進むほど、謎が増える漫画!
大ヒットシリーズ、「スパイラル ~推理の絆~」の作者・城平京が送る本格ミステリ大賞受賞作品、待望の第4巻の登場…!!



…全文表示