サイト内検索

なぜ日本の大学には工学部が多いのか 理系大学の近現代史

作家/出演者
シリーズ
  • なぜ日本の大学には工学部が多いのか 理系大学の近現代史
本書の主題は大学の理系学部(特に工学部)の歴史です。国・公立大学の法人化、運営費交付金の削減、少子化など、大学は大きな転換期にあります。「第1章 大学の現状」では、主題に入る前に、大学の現状について数量的規模と国際的位置取りの観点から眺めます。以降、「高等教育と工学教育」「学校制度を創る――旧制の時代」「新しい学校制度のはじまり」「社会の変容と新大学」……と続きます。
価格
2,376円
[参考価格] 紙書籍2,376円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
23pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/03/10 00:00
紙書籍販売日
2016/07/23
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
30.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家