お知らせヘルプ

言霊の民俗誌

作家/出演者
シリーズ
  • 言霊の民俗誌
火除け、虫除け、雨乞い、失せ物探し、道中安全、子守歌、祝いと祭り……
日本各地の古老たちが伝え続けてきた〈ことばの力〉の探究!

病や禍いを遠ざけ、暮らしのささやかな稔りを願うため、この国の先人たちは、土地魂を動かす呪言を生み、ことばに内在する霊力・呪力を発現させてきた。全国の山峡や海辺の村々を訪ね歩き、古老が唱える呪歌(まじないうた)に耳を傾け、失われゆく多彩で不思議な口踊・口承の文化に光をあてる。「言霊の幸わう国」日本を描く、貴重なフィールドワークの集大成。

※本書の原本は、『言霊の民族 口踊と歌唱のあいだ』として1993年に人文書院から刊行されました。


■本書の内容
序章 誦唱民俗論に寄せて
! 口誦民俗
一 呪歌の民俗
二 口誦と伝承
三 年中行事の口誦要素
四 暮らしの中の口誦
五 ことばと禁忌
!! 民謡再考
一 子守唄と子守の民俗
二 民謡における復唱と継唱
三 民謡と囃し口
四 囃しの諸相
五 民謡をめぐる時と場の習俗
六 唄の中のアイドル
七 口説節の魅力―兄妹心中絵模様
価格
1,265円
[参考価格] 紙書籍1,298円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
12pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2021/07/14 00:00
紙書籍販売日
2021/07/14
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家