お知らせヘルプ

日本の敬語

作家/出演者
シリーズ
  • 日本の敬語
東京は京都より敬語が多い? 「ご遠慮ください」は失礼? 「お前」は敬語だった? 貴人は「する」より「なる」?

「敬語は日本語の美しさである。しかし、度をすぎるとうんざりする。」敬語はなぜ生まれたのか。尊敬と相殺される親愛の感情は、どう表現したらいいのか。原日本語、上代から奈良、平安、そして現代へ。敬語の起原と変遷をたどり、情況にふさわしい使い方を考える。一級の言語学者がじっくり向き合う、敬語の歴史と実用。(解説・滝浦真人)
底本:『日本の敬語』角川新書、1959年

【本書の内容】

第一章 序説
一 英語と日本語
二 日本の敬語は文法的
三 日本の敬語は相対性敬語
四 敬語の起原と階級
五 敬語の起原とタブー
六 アイヌの妻女
七 アイヌの婦人語と敬語
八 アイヌ代名詞の構造
九 日本代名詞の構造
一〇 名詞の敬称
一一 結 論

第二章 起原:どうして日本の敬語が起ったか
一 原日本語と敬語法
二 上代日本語の敬語法1 「ます」考
三 上代日本語の敬語法2 「せす・けす・めす・をす・なす・こやす」考
四 上代日本語の敬語法3 「たまふ」考
五 上代日本語の謙称動詞1 「たぶ・たばる・まつる」考
六 上代日本語の謙称動詞2 「まをす(申)」考

第三章 変遷:奈良から平安への敬語のずれ
一 上代敬語と古代敬語の対比
二 平安時代の敬語助動詞の起原
三 奈良・平安の相違
四 万葉語における「頂戴す」について
五 「見めす」の忘却
六 「せす」のまちがい
七 御立為之の誤訓
八 物語文学と敬語
九 後代の敬語

第四章 現代の敬語:どうあり、どうなるべきものか
一 序 論
二 名詞・代名詞
三 動詞
四 地方別
五 現代敬語の無軌道さについて

第五章 結論
一 敬語のとどかない名歌
二 歌から見た敬語の本質
三 結びの言葉

付録 これからの敬語

解説 滝浦真人
価格
935円
[参考価格] 紙書籍968円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
9pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2022/03/09 00:00
紙書籍販売日
2022/03/09
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
3.55MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家