サイト内検索

  • pt還元
  • 完結

帝一の國 5

名門・海帝高校次期生徒会長選で、森園を会長にすると宣言した大鷹は、本田と森園を組ませて億章同盟を結成し起死回生を狙う。一方氷室のために奔走する帝一は、彼との間の違和感を感じていた。そして父から明かされる、父と氷室の父との敵対関係。混迷する選挙戦の中、氷室への忠誠心が揺らぐ帝一の進む道は!?
SALE 8月31日(金) 14:59まで
50%ポイント還元中!
価格
488円
[参考価格] 紙書籍514円
読める期間
無期限
電子書籍/PCゲームポイント
226pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/05/02 09:50
紙書籍販売日
2013/03/02
ページ数
228ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
54.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

スタッフからのコメント

時は昭和。海帝高等学校は数多くの政治家や官僚を生み出す超名門校として全国にその名を轟かせていた!!高校生・赤場帝一は「総理大臣」になる夢の一歩として海帝高等学校の頂点である生徒会長を目指す。
大鷹は森園を次期生徒会長にすると宣言する。それだけでなく、大鷹は氷室に対抗すべく森園と本田の手を組ませて同盟を結成させていた…。これまで氷室に忠誠心を誓っていた帝一だが、氷室との関係に少しずつ違和感を感じはじめる。そんな時に父から氷室の父とは犬猿の仲であることを明かされ…。混迷する生徒会長選の中で帝一がとった行動とは!?!? 
昭和の学園ものシリーズ、待望の第5巻!!

…全文表示