サイト内検索

  • 完結

帝一の國 12

名門・海帝高校の次期生徒会長を目指す赤場帝一。ついに森園会長から候補者が発表される。その中に氷室の策で候補者から除かれたはずの菊馬の名が。森園が菊馬を指名した訳とは? 一方、美美子を手に入れたい野々宮は、卑劣な手段に打って出る。かつて列島を震え上がらせた野々宮と高天原のいる菊馬陣営に翻弄される帝一の命運やいかに!?
価格
488円
[参考価格] 紙書籍514円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/09/04 09:50
紙書籍販売日
2015/09/03
ページ数
228ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
51.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

スタッフからのコメント

時は昭和。海帝高等学校は数多くの政治家や官僚を生み出す超名門校として全国にその名を轟かせていた!!高校生・赤場帝一は「総理大臣」になる夢の一歩として海帝高等学校の頂点である生徒会長を目指す。
森園会長がついに次期生徒会長候補者を発表する。その中には除かれるはずの菊馬の名前が含まれていた。だが、それには深い訳があり…。そして、徐々に明かされる野々宮の過去。実は野々宮と高天原は幼少期からの悪友であることが発覚する。個性豊かな1年生たちはなんとも恐ろしいトラブル・メーカー。ますますヒートアップする帝一の恋と生徒会長選から目が離せない!
昭和の学園ものシリーズ、待望の第12巻!!

…全文表示