サイト内検索

赤の神紋 黒鍵

大学在学中にデビューした新進作家の連城響生。味のある作風を評価されていたが、自分の殻を破れない。運命に導かれるように出会った劇作家榛原憂月の舞台が響生を変えてゆく。榛原の世界に熱狂し翻弄される響生。自らの作風も変わり気が付くと榛原の模倣作家(エピゴーネン)に…。絶望の淵に落ちた響生は友人奥田の励ましで戯曲を書き始める。若き日の響生の姿、原点を描く「赤の神紋」サイドストーリー。
価格
486円
[参考価格] 紙書籍535円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/07/28 00:00
紙書籍販売日
2004/07/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.22MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家