お知らせヘルプ
  • pt還元

近現代日本史との対話【戦中・戦後―現在編】

作家/出演者
シリーズ
国家の営みに従って書かれた通史ではなく、本書は人びとの経験や人間関係をつくり出す動きに着目、それを「システム」と呼び、その推移を追うことで近現代日本の歩みを叙述する。‘幕末・維新―戦前編’に続き、本書は一九三七年の日中戦争にはじまり、第二次世界大戦、敗戦とその後の占領期、そして高度経済成長期を経て、現在に至るまでの道筋を描く。「システム」を通して、近現代日本史を概観すると、‘いま’が歴史上の転換期であることが見えてくる。現在をより深く知るための必読書! 高校の新必修科目「歴史総合」対応。 【目次】第三部 恐慌と戦争/第二章 日中戦争と米英との開戦(一九三七―一九四五年)/第三章 敗戦と占領(一九四五―一九五一年)/第四部 現代日本の形成と展開/第一章 サンフランシスコ体制――日米安保と五五年体制(一九五一―一九六〇年)/第二章 経済大国と「六八年」の運動(一九六〇―一九八〇年)/第三章 一九八〇年代の日本(一九八〇―一九九五年)/第五部 <いま>の光景(一九九五年―)/おわりに/あとがき/参考文献/略年表/索引
SALE 8月25日(木) 14:59まで
30%ポイント還元中!
価格
1,386円
[参考価格] 紙書籍1,540円
読める期間
無期限
共通ポイント
378pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
13pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2019/03/15 00:00
紙書籍販売日
2019/02/13
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
5.97MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家