お知らせヘルプ

金鏡に映る星 ―天帝譚―

昏藤が結界の調査のために、黒帝と一緒に黒の地へ向かうことになった。見送る絳星は、何故か胸騒ぎを覚える。黄の宮で聖霊獣の長である麒麟の麟耀に会った絳星たちは、もう一方の麒麟が行方不明になっているという衝撃的な事実を知った。その麒麟・煌麒は、昏藤のもとに現れ、昏藤に<紫翠の者>と呼びかける。昏藤の出生は、黄帝が犯した禁忌――聖魔獣の殺害に深く関わりがあるというのだ。※イラストは収録されていません。
価格
517円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2020/04/03 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.23MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家