サイト内検索

星狩りの虚城 ―天帝譚―

白帝・慂皓に求婚されて以来、絳星はずっと不調だった。白帝を断る理由を蒼帝・汀華に問われても、はっきりと答えることができない。――白の麒麟・索冥が、幼虎の梗を使って絳星を操っていたのである。さらに、青龍族を騙る幼獣が現れて「青龍族を救いたければ、黄帝を差し出せ」と告げた。汀華はなぜか動こうとせず、須玄が変装して絳星の代わりに青龍門へと向かうことになったが…!?※イラストは収録されていません。
価格
517円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2020/04/17 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.02MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家