お知らせヘルプ
  • pt還元

黄金の刻 小説 服部金太郎

作家/出演者
シリーズ
  • 黄金の刻 小説 服部金太郎
明治七年。十五歳の服部金太郎は、成長著しい東京の洋品問屋「辻屋」の丁稚として働いていた。主人の粂吉は、金太郎の商人としての資質を高く評価し、ゆくゆくは妹の浪子と結婚させ、金太郎を辻屋の一員として迎え入れようとする。だがそんな思いとは裏腹に、金太郎は、高価ゆえに持つ人の限られていた「時計」に目をつける。鉄道網の発達により、今後「正確な時間」を知ることの重要性が高まると見抜いていたのだ。いずれは時計商になりたいという熱い想いを粂吉に伝えるが――。洋品問屋の丁稚は、いかにして「東洋の時計王」になったのか。経済小説の名手が贈る、世界的時計メーカー「セイコー」創業者・服部金太郎の一代記。
SALE 5月19日(木) 14:59まで
30%ポイント還元中!
価格
2,200円
[参考価格] 紙書籍2,200円
読める期間
無期限
共通ポイント
600pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
22pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2021/11/26 00:00
紙書籍販売日
2021/11/25
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.28MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家