サイト内検索

URUSHI 漆芸の可能性

作家/出演者
シリーズ
  • URUSHI 漆芸の可能性
自由な発想力と伸びやかな感性の交錯が、漆の世界に新しいクリエイションを生み出した!
京都に生まれ、秋田で伝統の技法を学び、沖縄の地で独自の手法と意匠を会得した、漆芸家・原田城二の作品集。
作家が愛してやまない鳥獣草木のモチーフを、多様な素地作りと手の込んだ加飾法(象嵌、螺鈿、蒔絵等)を尽くして表現した、生命力溢れる作品全68点を収録。
イマジネーションの旅ヘと誘うこと必至の1冊。
【作家プロフィール】
1949年、京都府生まれ。秋田県川連にて漆芸の基本を学ぶ。
以降、東北の古い漆器を収集研究し、漆絵を中心に作品を制作。
1999年、沖縄県に転居。
2003年、奈良県の(財)元興寺文化財研究所の依頼により、琉球漆器豚血下地の再現を手がける。
2010年、沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞。
日本文化財漆協会会員。「漆を語る会」幹事。
価格
800円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/04/10 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
84ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
12.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家