サイト内検索

社員が結果を出せる「仕組み」とは何か(インタビュー)

作家/出演者
シリーズ
  • 社員が結果を出せる「仕組み」とは何か(インタビュー)
成長が鈍化する製菓業界において、
急成長を遂げているのがカルビーだ。
その立役者が、松本晃代表取締役会長兼CEOである。
2009年の就任以来、5期連続の増収増益を達成し、
それまでは1〜2%台を前後していた営業利益率が、
今期は2桁を超える勢いである。
「コミットメント&アカウンタビリィティ」(約束と結果責任)
を掲げて徹底した結果主義を敷く一方で、
挑戦的な失敗に対する寛容さも備えている。
単純なマニュアル化ではない、
結果と自由を両立する仕組みづくりとは。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2014年11月号)』に
掲載された記事を電子書籍化したものです。
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/04/25 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

この作家の他の作品