サイト内検索

週刊ダイヤモンド 05年11月26日号

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なります。ご注意ください。連載小説など著作権等の問題で掲載されないページや写真、また、プレゼント企画やWEBサービスなどご利用になれないコンテンツがございます。あらかじめご了承ください。
【特集】年金・医療・介護 三大不安の必須知識
私たちは将来に3つの大きな不安を抱えている。年金・医療・介護だ。その不安に立ち向かうには、まずは制度の中身を’知ること’である。制度はどう変わるか?本当はいくらかかるか?あなたは知らぬ間に損をしていないか?この特集は、そんな’不安のもと’を解消するための必須知識を網羅した。将来泣きを見ないため、家族を泣かせないために、賢く対処していこう。
Part 1 年金編
年金不安の正体
公的年金制度の基本
賢い年金活用術
Part 2 医療編
医療不安の正体
医療制度と医療保険の基本
賢い公的医療保険術
Part 3 介護編
介護不安の正体
介護保険制度の基本
介護の(得)ノウハウ
【特集】ピーター・F.ドラッカー教授追悼
ドラッカー最後の預言 日本企業再生の処方箋
「経営学の父」と呼ばれ、世界の巨大企業経営者に多大な影響を与えてきたピーター・フェルディナンド・ドラッカー教授が11月11日、老衰のために95歳で死去した。氏は日本企業にも早くから興味を示し、その交流を通して日本を代表する経営者を育て上げていったと言っても過言ではないだろう。
Close up
東芝・NEC戦略なき協業と半導体’日の丸工場’の欺瞞
電力会社の地域独占は崩れるか イオンが仕掛けた’価格破壊’
Diamond Eyes
Inside
郵政トップに西川氏就任でも立ちはだかる大きな’壁’
資生堂が病院まで設立して美容医療に本格参入する狙い
ピックアップ1/信元久隆・曙ブレーキ工業社長
’コピー薬’計画も非現実的? インフルエンザ薬不足の深刻
業績絶好調ゆえに不透明な住友金属の次なる成長戦略
人事天命/フォード・モーター
ほんの4年で市場は半分以下 店頭から消える携帯情報端末
ピックアップ2/後藤玄利・ケンコーコム社長
Market
株式市場 透視眼鏡/使い続けると相場を見誤る 売買高と日経平均株価 大山巖
金融市場 異論百出/相次いだ閣僚の日銀たたき 「量的緩和策の効果」にズレ 加藤出
ネット世論調査/女性天皇の誕生
Data Focus
過剰流動性の声高まるなか株価が下落に転ずる危険性 北野一
【特集】他人まかせに決別 稼ぐ第3セクター
地元資源を有効活用
官民が共同して事業展開する第3セクター。地域振興の切り札として競うように設立されたが、悲惨な結果ばかりが目立つ。3セクといえば経営破綻のイメージが定着している。だが、地域活性化を実現させた3セクも数少ないが存在する。
【特集】徹底解剖 村上世彰の人脈・金脈
阪神電鉄やTBSなどへの出資で一躍有名になった「村上ファンド」。同ファンドを率いる村上世彰氏は、通産省を退官後、設立わずか6年で4000億円ものカネを集めた。同氏の実像に迫るとともに、村上ファンドを支える人脈・金脈を探った。
企業・産業 Company & Industry
【産業レポート】熾烈化する薄型テレビ戦争 価格競争の’罠’にはまる日本企業
【特別座談会】拡大する企業再生ビジネス 人材育成が成長のカギ握る 高木新二郎(産業再生機構・産業再生委員長)/佐山展生(GCA代表取締役)/マイケル・グリンドフォース(アリックスパートナーズ社長)
起・業・人/林秀厳(日本パープル社長)
人物 People
インタビュー/畔柳信雄(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)
インタビュー/黒木亮(作家)
スキルアップ Skill Up
ビジネス・アカデミア
スポーツドクター・辻秀一の仕事に活かすスポーツ心理学
3分間ドラッカー 文・上田惇生
「経営学の巨人」の名言・至言
連載
マネー経済の歩き方 山崎元
「超」整理日記 野口悠紀雄
新・永田町の暗闘 鈴木棟一
オピニオン縦横無尽 櫻井よしこ
コラム Column
プリズム
This Week/The Day
転→展→天職
見られてますよ! OL1000人会議
勝谷誠彦の食う!呑む!叫ぶ!
東洋の風韻 多川俊映
ゴルフ Golf
大城あかねの’トラブルに克つ’ゴルフ
Round the World
価格
690円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/12/18 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
111ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
136.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家