サイト内検索

  • 完結

ナニワ金融道 11

灰原を中心とした帝国金融にハメられる形で夜逃げをするハメになった
帝国金融の自社ビルの元オーナー・地上げ屋の肉欲棒太郎は、
その後、神戸で競馬のノミ屋の集金で生計をたてていた。

日当2万円の生活をしつつも再起のチャンスをうかがい、
情報のアンナを張り続けていた肉欲は、ついに金のなる木を発見する。

それは期限切れ映画のチケットの半券で儲けを出すという方法だったが、
それにはまず、まとまった資金が必要だった。

肉欲は灰原に軍資金の融資を頼み込む。
そんな肉欲を見込んで、灰原は個人出資に踏み切るのだが……。


▼目次

136発目 起死回生の秘策
137発目 棒太郎の皮算用
138発目 紙屑を買いまっせ
139発目 足元に金鉱脈
140発目 至急,融資を!
141発目 社長の裏切り
142発目 他人のフンドシ
143発目 甘い考え,休むに似たり
144発目 増えるアブク銭,減るアブク銭
145発目 人たらし
146発目 夜逃げ仲間と新商売!
147発目 資本金わずか70万で珍道中!
148発目 棒太郎流サラリーマン術
149発目 小指ちぎって詫びんかい!
価格
440円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/03/11 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
229ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
148.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家