サイト内検索

  • 無料

クリエイティブテクノロジーとは [映像コンテンツ制作のクリエイティブテクノロジー/第1章]

映像コンテンツはその人の意志を表現したり、人と人とのコミュニケーションを図る際に強力な力を発揮する。19世紀末に発明された映像の表示システムは20世紀に大発展を遂げたが、映像コンテンツ制作を行うのはごく少数のプロフェッショナルに限られていた。しかし、21世紀になると、映像は誰でも作れる身近なものになり、その利用は毎日の生活に密接に結びつくようになった。ところが、その学問的な体系化や理論化は、他の表現技術である言葉、絵画、文字、演劇、音楽などに比較すると、まだ手が付けられ始めたばかりというのが現状である。
映像コンテンツは一つひとつ異なる内容をもち、異なる目的のためにつくるのだからその制作技術を統一化したり、理論化するのは無理だ、映像コンテンツをつくるのは専門家に任せればいい、そして専門家になるには特別な感性と辛い訓練が必要なのだ、というのが20世紀の映像制作をリードしたプロフェッショナルたちの考えであり、教育もその方向に沿ったものであった。しかし、時代は変わりディジタル技術によってこれまで職人芸とされた技術を誰でも使えるようになった。映像コンテンツ制作はようやく絵画、文字、演劇、音楽などとならび、学問として研究し、産業として振興させる環境が整ったと言える。
本書では、映像コンテンツを制作するための技術全般をプロダクションテクノロジーと呼び、それをクリエイティブテクノロジーとコネクティブテクノロジーという2つの分野に分けるという構造化によって、映像コンテンツ制作全体の技術を俯瞰できるようにしている。その上で、映像にする以前の情報をいかに効率よく映像化するかという目的を持つクリエイティブテクノロジーの機能について一つひとつ解説している。
価格
0円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
0pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/04/13 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.62MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家