サイト内検索

ウララ町のうららかな日(新潮文庫)

ウララ町のうららかな日(新潮文庫)

作家/出演者
シリーズ
  • ウララ町のうららかな日(新潮文庫)
北海道ウララ町に住む徳太郎は、母の遺骨を探しに行ったまま戻ってこない。キツネに憑かれたヨシは、やっとの思いでキツネを落としてもらったものの、これから1人でどうやって生きいてったらいいかわからない。77歳の義太郎はコルク栓のように耳垢がとれて、耳が聞こえるようになった…。霧深いウララ町に展開するウララ人間たちの愛しく哀しいドラマ。
価格
626円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/04/13 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.56MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家