サイト内検索

押入れのちよ(新潮文庫)

押入れのちよ(新潮文庫)

作家/出演者
シリーズ
  • 押入れのちよ(新潮文庫)
失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし一日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。ままならない世の中で、必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の可笑しみや哀しみを見事に描いた、全9夜からなる傑作短編集。
価格
702円
[参考価格] 紙書籍680円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/04/13 00:00
紙書籍販売日
2009/01/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.56MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家