サイト内検索

犬神館の殺人(新潮文庫)

作家/出演者
シリーズ
  • 犬神館の殺人(新潮文庫)
その死体は、三重の密室の最奥に立っていた。異様な形で凍りついたまま……。そのとき犬神館では、奇怪な《犬の儀式》が行われていた。密室のすべての戸に、ギロチンが仕込まれ、儀式の参加者は自分の首を賭けて、‘人間鍵’となる。鍵を開けるには、殺さねばならない。究極の密室論理(ロジック)。これは三年前に発生した事件の再現なのか。犯人からの不敵な挑戦状なのか。瞠目のミステリー。
価格
605円
[参考価格] 紙書籍605円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/10/04 00:00
紙書籍販売日
2019/09/26
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.27MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家