お知らせヘルプ
  • pt還元

徳川将軍家の演出力(新潮新書)

作家/出演者
シリーズ
  • 徳川将軍家の演出力(新潮新書)
封建時代の圧政の象徴から暴れん坊まで、徳川将軍は様々イメージされてきたが、江戸時代の人々にとって、実際はどのような存在だったのか。大名は拝謁儀礼、御成、鷹狩り、拝領と献上などのチャンスを使って、将軍との親密さをアピールするとともに家格の向上を図り、町人は町入能で将軍に「成田屋」と声をかけ、「ありがたく」も「勿体ない」存在として誇った。御威光の巧みな演出法にみる葵のブランド戦略。
SALE 8月25日(木) 14:59まで
30%ポイント還元中!
価格
660円
[参考価格] 紙書籍748円
読める期間
無期限
共通ポイント
180pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2021/07/28 00:00
紙書籍販売日
2007/01/31
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.05MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家