サイト内検索

穴あきエフの初恋祭り

作家/出演者
シリーズ
  • 穴あきエフの初恋祭り
頭上を無数の門が過ぎてゆく。人生の門か。人生という言葉ほど自分に似合わない言葉はないとIは思った。もし人生の運転手を雇うことができたら、楽になりそうな気がする。自分で運転しようとするから脱線するのだ。運転手、つまり主体は、状況を見極め、決断し、ハンドルを切る自分であってはいけない。

近づいたかと思えば遠ざかる。
遠ざかったと思ったら近づきたくなる。
お届けもの、スカイプ、携帯電話、スマホ時代の手紙。
人と人とのコミュニケーションが触れ合うようで触れ合わない瞬間、
触れ合わないようで触れ合う瞬間を言語派の作家がつむぐ7つの短編。
価格
1,300円
[参考価格] 紙書籍1,620円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
13pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/10/25 17:00
紙書籍販売日
2018/10/14
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.27MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家