サイト内検索

世界を売った男

作家/出演者
シリーズ
  • 世界を売った男
一夜にして6年間の記憶を失った刑事が‘昨日まで追いかけていたはずの事件’の真相に迫る。
『13・67』で華文ミステリーの時代を切り拓いた陳浩基の、島田荘司推理小説賞を受賞した長篇デビュー作!

車の中で目覚めた刑事。つい先日起きた夫婦惨殺事件を捜査していた……はずが、警察署に向かえば建物も仲間の顔ぶれも全く変わっている。

そこに現れた女性記者から、事件は6年前に起きたもので犯人は逃走中に事故死、事件はすでに解決していると知らされる。

「自分は6年間の記憶を失っている?」

しかし、刑事にはなぜか確信があった。「死んだ男は、真犯人ではない!」
事件の真相を求め、女性記者とともに香港島、九龍、新界と、かつての事件関係者を訪ね歩く。

次々に出くわす意外な事実、そして不可思議な違和感、そして自分は何者なのか?
最先端と前近代の町並みが混在したエネルギッシュな過密都市を、「記憶を失った男」が、事件の真相を追って疾走する。

第2回島田荘司推理小説賞受賞作。

解説・恩田陸
価格
880円
[参考価格] 紙書籍907円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/11/15 00:00
紙書籍販売日
2018/11/06
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.02MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家