お知らせヘルプ

源氏物語 (6) 現代語訳付き

出家を控えた朱雀院は、光源氏に娘の女三宮を託す。光源氏は結婚を決断するが、紫の上の苦悩は深い。明石の女御は男子を出産、女三宮に懸想する柏木、女三宮の懐妊、柏木の発病――。若菜上・若菜下を収める。
価格
880円
[参考価格] 紙書籍880円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2016/05/20 10:00
紙書籍販売日
1977/01/01
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.88MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家