ヘルプ
  • 紙書籍同時

憎悪と愛の哲学

作家/出演者
シリーズ
  • 憎悪と愛の哲学
愛する人を憎め。
日本人には、憎悪が足りない。

イスラーム過激派テロから、原爆投下の裏面史まで。
縦横無尽な論証で社会学の最重要概念を更新する、
「神」「資本主義」「歴史」をめぐる思考の冒険。

第1章 資本主義の神から無神論の神へ
第2章 憎悪としての愛

「経験や行動は、できるだけ浅く、短いところに、思考を着地させようとするのだ。
経験と行動が発する重力に負けて、着地してしまうと、思考の明晰性が届かない
領域が広く取り残されることになる。だが、このとき、もし〈概念〉をもっていれば、
思考はその分だけ遠く飛ぶことができる。」 ――「まえがき」より
価格
1,760円
[参考価格] 紙書籍1,600円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
17pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/09/22 00:00
紙書籍販売日
2017/09/20
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家