サイト内検索

装甲空母「関ヶ原」 (3)ガダルカナル大炎上!

装甲空母‘関ヶ原’の奮闘によりミッドウェー島を占領した日本海軍であったが、空母四隻を失い、もはや積極攻勢に出ることは不可能だった。一方、深手を負ったアメリカ軍は急速に空母戦力を立て直し、反攻地を南溟の島ガダルカナルに定めた。制空権を握られた帝国海軍は金剛型戦艦を投入し、巨砲をもって敵飛行場の殱滅を図る。その意図を阻止すべくアメリカ軍は強引な夜間空襲をかけ、両軍は無益なる損失を重ねていく。補給なきガ島の惨状に、山本五十六は遂に転進命令を下した。小沢治三郎率いる救出艦隊が出撃するや、アメリカ太平洋艦隊もこれを撃滅すべく、残存空母を結集して迎撃に動いた。不毛なる洋上航空決戦にソロモン海は赤黒く沸騰していく…。昭和一七年大晦日、ケ号作戦に投入された装甲空母‘関ヶ原’の運命やいかに?そして姿を消した『那覇ドック』社長・轟木真之介はいずこに?怒涛の第一部完結編、ここに堂々発進。
価格
330円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/10/26 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.61MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品

  3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ