サイト内検索

羞恥妻痴辱電車 アドベンチャーゲームブック

作家/出演者
シリーズ
  • 羞恥妻痴辱電車
◆あらすじ
城島啓司は、痴漢常習犯。
国家権力の目を盗み、電車内での痴漢を繰り返している。
どんな女も、自分のテクで逝かない訳が無いと自負しており、
今までも数々の女達を、毒牙にかけ、虜にしてきた。

その中には、羞恥露出性奴に落ちた者もいたし、そのような
者達を撮影しては、裏に流して換金していた「趣味」と「実益」
の兼ね備えた天職だとすら思っている。

そんなある日。
城島は、いつもの様に獲物を探していた。
いつもより遅めに起きた為に、車内はラッシュタイムを過ぎて
いたが、それでも、今日の獲物を物色し始める。

すると1人の女性が目に入ってきた。
若いわけではないが、老けてもいない。

しかし、滲み出す色香が感じられ、城島の嗅覚がMの習性を
嗅ぎつけ、標的の女は、ドアの付近に立ち、格好のポイントに居る。

周りに人も余りいないのを見計らいその付近に移動し、端のつり革に
掴まりながら、揺れに合わせたかの様に装ってタッチしていく。
女は、身を固くして予想通りの反応なので、主人公は徐々に大胆に
なって行くのだった。

一方、標的となった神山怜香は、突然の出来事に身を固くしていた。
昨日は、夫に勇気を出して迫ったものの「疲れているんだ」
「もう、そろそろしなくてもいいだろう」等といわれて
拒絶されてしまっており、自分の熟れだした体を持て余していた
怜香は、その夫の言葉に大きく傷つきます。

自分は、女としてもう魅力がないのかと…。
その傷心の怜香は、迷いながらも自分の魅力は本当にないのかと、
一つ大胆な行動に移す事に…。

前以てより買ってありながらも、恥ずかしさから着ていなかった
露出の大きい服装で出かけ、これで、繁華街で声の一つも
掛けられれば自分もまだ自信が持てると。
そうでなければもう自分には本当に魅力がないのかと…。

それでも、地元では、知り合いに見られたりすると恥ずかしいから
と隣町まで電車で移動する事にしたが、電車の中でも、その大胆な
格好を見られているような気がして、少しドキドキしている。
その時、痴漢常習犯「城島啓司」と遭遇してしまったのだった。

◆登場人物
・神山 怜香(かみやま れいか) 年齢:29
スリーサイズ:T158/B94/W60/H88/Gカップ
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/03/17 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
15.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家