サイト内検索

編集長の些末な事件ファイル 13 妖精の葬列

大谷は恐怖におののきながらもその光の束が近づくのを待った。光の正体は小さな妖精の群れだった。妖精たちの大群に囲まれ、包まれた大谷は身動き一つ出来ず、その場に立ちつくした…。第二次世界大戦で九死に一生を得た大谷藤吉の不思議な体験…。妖精とは何か、本当に存在するのかを問う。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/11/03 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家