サイト内検索

編集長の些末な事件ファイル 121 猫の眼

亡くなった幻想画家、斎田剛性の遺した封筒の中に、300枚に及ぶ彼の著作があった。その作品を読んだ井森は、彼の年若き妻、みどりのことを書いたものだと察知する――。
価格
275円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/09/08 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.35MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家