サイト内検索

編集長の些末な事件ファイル 130 秘湯に棲む鬼

友人の相模靖男に招待され、絵里という謎の女性に目隠しをして連れて行かれた山間の地に、目的の「鬼神の湯」があった。絵里はこの地を「応天門の変」で没落した伴一族の怨念の地であると説明し、今もこの地に鬼が棲むと井森に語る――。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/01/26 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.62MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家