サイト内検索

編集長の些末な事件ファイル 131 哀愁の佐渡鬼太鼓

佐渡島から五歳になる男の子を連れてやって来た比島明子という女性が井森に「あなたが佐渡島で彩名に産ませた子供です」と言う。身に覚えのなかった井森は、比島にそう告げるが、彩名は亡くなる寸前に「極楽出版の井森公平が息子の父だ」と語ったと言う。ことの真偽を確めるために佐渡島へ渡った井森は――。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/02/16 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.49MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家