サイト内検索

編集長の些末な事件ファイル 159 呪いの市松人形 前編

K市に住む骨董商、境田彦次郎に連絡をもらった井森公平は、そこで、怪異な現象を起こす市松人形を見せられる。境田は、その人形を得意先の日吉源蔵からもらったといい、日吉は、息子の嫁が持って来たものだという。しかし、その人形の持ち主、麻衣子は自殺をしていた。境田と日吉は口を揃えて「嫁の呪いが市松人形に」と言うが、井森は実態を探るべく調査に入る――。
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/03/15 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.87MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家