サイト内検索

あんパンとアメリカ

作家/出演者
シリーズ
  • あんパンとアメリカ
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。▼序文
この本の著者・榊原明子さんは、私が講師を務める「戸塚有隣堂カルチャーセンター 文章教室」の受講者さんでもあります。
月に一度の講座に、榊原さんは、毎月2〜3作のエッセイ作品を自主的に書いて提出してくれます。その内容は、1984年〜1990年までの間、ご主人のお仕事の都合で移住したアメリカ南部の都市ラリー(Raleigh)での体験をテーマにしたものです。
そのエッセイ作品は読んでいて大変楽しく、興味深いものばかりで、いつしか受講者と講師の関係から、書き手とファンの関係へと変化していきました。
そんな榊原さんに、お聞きしたことがあります。人生初の海外移住に、不安や不満はありませんでしたか? と。すると彼女は、「あまり行きたくはなかった。けれど、せっかくの機会を無駄にしたくもなかった」と答えてくださりました。
その前向きなチャレンジ精神は、この本の出版にも表れていると思います。自主的に書き続けた作品が、一冊の本にまとめられるほどの数と質になり、今ここに書籍という形になった。これもすべて、榊原さんのお人柄と生き方によるものでしょう。
一人の日本人主婦が立ち向かった、アメリカ南部暮らし。その日々を、読者の皆様もご体感ください。
ー木村文章店店主 木村吉貴

[内容紹介]
平凡な日々の中、ある日突然、‘異国での生活’を命ぜられたら...。
まじめな主婦のその生の体験が、淡々と綴られています。
漠然として当たり前のことが、海を越えて、くっきりと見えてくる日本。
新鮮なまなざしだからこそ掬い取られた発見の数々。流れる水のように読ませるエッセイです。
価格
810円
[参考価格] 紙書籍2,700円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/11/22 00:00
紙書籍販売日
2015/09/30
ページ数
223ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
42.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家