サイト内検索

  • 40%OFF

コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった

作家/出演者
シリーズ
  • コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった
20世紀最大の発明品の1つといわれるのがコンテナ。コンテナの海上輸送が始まったのは1956年3月のことだ。アメリカの陸運業者マルコム・マクリーンは、コスト削減と交通渋滞回避のため運賃の安い沿岸航路に目をつけ、トラックから「箱」だけ切り離して船に載せるアイデアを思いつく。陸上、海上輸送の兼業を禁止する規制当局と戦い、さらには埠頭を牛耳る沖仲仕の組合の抵抗を押さえ、1956年3月、コンテナの海上輸送が世界で初めて実現する。天性の企業家マクリーンは次々に船会社を買収し、ベトナム戦争では軍事物資の輸送に食い込み、世界最大級の海運業者に飛躍する。
SALE 10月31日(水) 23:59まで
通常価格 3,024円
40%OFF価格
1,814円
[参考価格] 紙書籍3,024円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
18pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/12/08 00:00
紙書籍販売日
2007/01/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
12.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家