サイト内検索

お腹召しませ (短編)

家督を継いだ入婿が藩の公金二百両に手をつけて蓄電した。責めを負わされたのは、隠居となっていた高津又兵衛。お家を守るため、妻にも娘にも「お腹召しませ」とせっつかれる又兵衛が、最後に下した決断とは。短篇集『お腹召しませ』所収の一篇。
価格
110円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/12/15 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   6巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。