サイト内検索

ドナ・ビボラの爪 下

紅地に金糸など色糸の唐花模様という下半身。山鳥の毛を植えた濃い藍色地に、背面いっぱいに白毛で織り出した揚羽蝶が、上半身。そして、上の鳥毛と下の裂地とは巧みに繋がれている(中略)。
「そなたが立てたと申すか」
「むろん京の職人に織らせましたが、意匠はすべてわたしが……」
衣桁にかけられたその陣羽織を眺めながら、信長が驚き、帰蝶は含羞んだ。
「わたしも殿とともに戦陣にありたいと願うたのでございます」
「それゆえの蝶よな」
「はい。殿がこの蝶に守られ、ご無事でわたしのもとへお帰りあそばすように」
「であるか」
信長は微笑んだ。
「ならば、初めて用いるのは、わが嫡男が生まれてから最初のいくさといたそう」
と帰蝶の膨らんだ腹へ、信長は手を置いた。
「そして、この子の元服祝いに譲り与える」
「嬉しゅうございます」
仲睦まじい若き夫婦は、互いの顔を寄せ、唇を温かく濡らし合った。(本文より)
価格
1,836円
[参考価格] 紙書籍1,836円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
18pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/12/15 00:00
紙書籍販売日
2016/08/17
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.66MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   2巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~2件目 / 2件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ