サイト内検索

海軍戦略家 マハン

作家/出演者
シリーズ
  • 海軍戦略家 マハン
「海上権力史論」「海軍戦略」などの著作で近代列強に影響を与えた軍人・歴史家・戦略研究家でもあったマハンの思想と生涯。幕末日本の滞在時の書簡・日記や当時の新聞への寄稿、ドイツ皇帝ヴィルヘレム2世、セオドア・ルーズベルト、フランクリン・ルーズベルトなどとの交流歴から日本人移民排斥運動の中心の役割を担ったなど人間像を浮き彫りにする。図版や年表付

目次

第一章 おいたち
(一)ウエストポイントと父
(二)アナポリス入学と南北戦争
第二章 日本来航
第三章 中南米艦長時代
第四章 海軍大学校と海上権力史論
(一)海軍大学校とルース少将
(二)海上権力史論
(三)ルーズベルト一族と海上権力史論
(四)ドイツ皇帝ヴィルヘルム二世
(五)文筆活動の開始
(六)米近代海軍の父トレーシー海軍長官
第五章 ドイツ海軍とマハン
(一)ドイツ帝国の成立
(二)ドイツ大洋海軍の父ティルピッツ
(三)英独関係の緊張
第六章 シカゴ号艦長として渡英
第七章 退役と文筆活動
第八章 ハワイ併合、米西戦争、比島領有、ハーグ平和会議
(一)ハワイ領有問題
(二)米西戦争
(三)ハーグ平和会議
(四)比島領有
(五)ボーア戦争
第九章 マハン、ルーズベルト、ロッジのトリオ
(一)セオドア・ルーズベルト
(二)ヘンリー・C・ロッジ
(三)スペンサーの社会進化論
第十章 米国の海外政策
(一)門戸開放宣言
(二)ベネズエラ危機
(三)パナマ運河
(四)モンロー主義とドイツ海軍
第一一章 日本とマハン
(一)秋山真之とマハン
(二)海軍大学校のマハン招聘計画
(三)日英同盟と日露戦争
(四)日本人移民問題
(五)白色艦隊の日本巡航
(六)オレンジ計画
第一二章 近代海軍問題
(一)全巨砲艦論争
(二)海軍参謀本部設立問題
第一三章 晩年のマハン
(一)「海軍戦略」と自叙伝「帆船から蒸気船」出版
(二)第一次大戦と死去
価格
2,200円
[参考価格] 紙書籍2,000円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
22pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/07/27 00:00
紙書籍販売日
2013/11/08
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.38MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家