サイト内検索

物語 フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年

作家/出演者
シリーズ
  • 物語 フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年
古来よりスウェーデン王国下にあったフィンランド。19世紀にロシア帝国下、「大公国」となり広範囲な自治を獲得。ロシア革命、大規模な内戦を経て独立する。第2次世界大戦では、ソ連に侵略され領土割譲。その後ナチ・ドイツに接近し、近親民族の「解放」を唱えソ連に侵攻するが敗退。戦後は巨大な隣国を意識した中立政策を採りつつ、教育、福祉、デザイン、IT産業などで、特異な先進国となった。本書は、「森と湖の国」の苦闘と成功を描く。

目次
序章 フィンランド人の起源―「アジア系」という神話
第1章 スウェーデン王国の辺境―13世紀〜19世紀初頭
第2章 ロシア帝国下の「大公国」―19世紀〜第一次世界大戦
第3章 揺れる独立国家フィンランド―内戦〜1930年代
第4章 二度の対ソ連戦争―第二次世界大戦下、揺れる小国
第5章 苦境下の「中立国」という選択―休戦〜東西冷戦期
第6章 西ヨーロッパへの「接近」―ソ連崩壊〜21世紀
終章 21世紀、フィンランドという価値
価格
950円
[参考価格] 紙書籍950円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
9pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/08/10 00:00
紙書籍販売日
2017/10/17
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
41.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家