サイト内検索

原発事故と「食」 市場・コミュニケーション・差別

作家/出演者
シリーズ
  • 原発事故と「食」 市場・コミュニケーション・差別
農水産物の一大供給地であった福島は、3・11以後、現在にいたるまで、「デマ」や風評が飛び交い、苦しい状況に追い込まれている。一方で、原発事故と震災の忘却は着実に進行している。本書は、流通や市場の課題、消費者とのコミュニケーション、差別の問題などから、「食」について多面的に論じる。「食」を通して、あの事故がもたらした分断を乗り越えられるのか――。これからの社会を考える試み。
価格
885円
[参考価格] 紙書籍886円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/10/12 00:00
紙書籍販売日
2018/02/22
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
9.16MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家