サイト内検索

帝国日本と朝鮮野球 憧憬とナショナリズムの隘路

作家/出演者
シリーズ
  • 帝国日本と朝鮮野球 憧憬とナショナリズムの隘路
五輪の優勝、WBCの準優勝により、韓国の野球は国民的スポーツとなった。いまその起源や日本経由の用語見直しなど、歴史の解明が喧しい。日本は朝鮮野球にどれだけ関与したのか――。
植民地時代の朝鮮野球は、朝鮮人と支配者日本人双方から重視されていた。日本人との試合は大いに盛り上がり、朝鮮ナショナリズムに火をつける。他方で当局は、中等学校の甲子園出場に道を開き、都市対抗野球を後押しし優勝に導くなど、融和政策に‘活用’する。
本書は19世紀末から「解放」される1945年まで、複雑な道程を辿った朝鮮野球について、2つの‘民族’を通して描くものである。

序章 変化する野球用語
第1章 ベースボールの伝来と野球の普及―韓国併合前
第2章 暗黒時代―武断政治下の野球界
第3章 「民族の発展は壮健な身体から」―文化政治期の朝鮮野球界1
第4章 帝国日本の野球イベント―文化政治期の朝鮮野球界2
第5章 戦時期朝鮮の野球界
終章 植民地朝鮮の野球とは何だったのか
価格
1,782円
[参考価格] 紙書籍1,782円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
17pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/12/28 00:00
紙書籍販売日
2017/01/17
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
13.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家