サイト内検索

ぼやき地蔵 ‐くらがり同心裁許帳 (十三)‐

殺しなんぞしていない――裁きを下した北町奉行に無実を訴えていたにもかかわらず、大工の磯吉が処刑された。普請請負問屋「丹後屋」の娘を殺めた咎で、伝馬町の牢屋敷につながれていたが、突然の執行であった。南町奉行所の永尋書留役・角野忠兵衛には「腑に落ちぬ」事件である。長年の勘がどうにも騒いだ。事件の裏に隠された真実を探るべく、磯吉の娘のもとを訪ねるが…。
窓際同心が揮う情けの十手。シリーズ第十三弾!
価格
534円
[参考価格] 紙書籍689円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/12/14 00:00
紙書籍販売日
2010/01/21
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.55MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家